女王蜂が炎上?アヴちゃん達の2つのエピソードを解説

女王蜂(じょおうばち)

2023年8月4日放送の音楽番組「ミュージックステーション」へ出演した4人組バンド「女王蜂(じょおうばち)」。

独特の世界観たっぷりの演出やファッション、音楽性の多様さと自由さに圧倒されますよね。

そんな女王蜂ですが過去に炎上したことがあるのでしょうか?
人気が急上昇のバンドなだけに、その真相が気になりますよね。

今回は「女王蜂が炎上?アヴちゃん達の2つのエピソード」について解説します。

女王蜂が炎上?アブちゃん達のエピソードは?


芸術的なビジュアルに独特の世界観のある楽曲が魅力的な女王蜂。

炎上したとされる理由は2つあるようです。

炎上の原因①:メフィスト(Mephisto)が怖い


人気テレビアニメ「推しの子」のED曲として作成されたメフィストですが、そのPV全てが怖いと言われています。

この歌は「女王蜂のアイドル、地獄出身のぁゔち」で、メフィストレスという悪魔に憑りつかれ身も心もボロボロになっていく様子を歌った楽曲です。

そのためわざと音割れをさせたり、ライブクリップ映像がどこか暗く不気味に作成されています。

特に怖すぎると話題を呼んだのはMV最後のシーンで、推しの子のアイの最後をぁゔちが同じように再現しており、このシーンはアニメじゃやないと怖すぎて見れない!という意見が多く聞こえてきました。

※問題のシーンは3:45〜あたりから。悲鳴や流血が苦手な人は見ないほうが良いです。

楽曲自体大きな炎上騒動にはならなかったものの、一部ファンからは「女王蜂のメフィストのMV、めちゃ怖い」・「音割れする必要あるの?」など炎上に繋がるような声もあがってしまったようです。

私もこのPVは苦手です。最後の女性の悲鳴がホント嫌なので伴奏が終わり次第いつもすぐに閉じています。

炎上の原因②:アヴちゃんの性別や見た目


女王蜂を結成するきっかけとなったリーダー兼ボーカルを務めるアヴちゃんですが、その見た目に一部批判の声が上がっているようです。

男性のような声やスタイルと、そこに女性のようなメイクや可愛い衣装を着ている中性的な見た目に賛否両論ある様子。

しかしアヴちゃん本人はそのような声を気にしておらず、むしろ「性別や年齢、出身地など属性で人を判断するのは人生つまらない」と自分の考えをしっかり持っています。

こういう考え方って素敵ですよね。むしろ楽曲の世界観を大切にしてるんだなと私は感じます。
炎上するほどの批判ではないですが、曲から女王蜂を知った人は一瞬そのビジュアルにびっくりすると思います。

ファンの反応は?


厳密には炎上は起こったことはないようですが一部批判の声が集まっている女王蜂、応援しているファンもたくさんいますが苦手な方も多いのはわかります。女王蜂は好き嫌いがハッキリ分かれるバンドだと思いますので特に気にしなくて良いですね。

【SNS上の声】

女王蜂の高音と低温のハーモニーがとてもカッコ良い♡

女王蜂最高!絶対ライブ行きます、アヴちゃん大好き!!

枠にハマらない女王蜂の曲とスタイルが良い

まとめ


今回は「女王蜂が炎上?アヴちゃん達の2つのエピソード」について解説しました。

現時点で、大きな炎上騒動は見つからなかったですね。

近代美術のようなスタイルに、型にはまらない独特の世界観、そして何よりメンバー全員が自分をしっかり持っている軸の太さが女王蜂の最大の魅力だと思います。

独特な世界観から放つ楽曲はハマる人はとことんハマると思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました