オレンジレンジはなぜ消えた?新しい道を選んだ理由を解説

ORANGE RANGE

2021年7月11日、ロックバンドのORANGE RANGE(オレンジレンジ)20周年ライブ「一日千秋”楽”」を山口県のKDDI 維新ホールで開催しました。

ライブでは『以心電信』『イケナイ太陽』『お願い!セニョリータ』など代表曲を披露し、ファンはリズムに乗るなどして大いに盛り上がっていました。

オレンジレンジのライブには私も参戦したことがありますし大好きなアーティストです😀

ですが

焦っている女性

でもオレンジレンジって消えたんじゃないの?

という話を友人に言われました。「え?音楽番組とかけっこう出てるのに・・」と突っ込みそうになりましたが「テレビでの露出が減った=オレンジレンジが消えた」と錯覚している人って意外と多いんですよね。

音楽番組には毎年出ていますし

テレビ出演が減ったから消えたって誰かに言うのはひどいな~

と思ってたんですが

今回はあえて「オレンジレンジはなぜ消えたのか?露出が減った原因」について解説していきます。

オレンジレンジはなぜ消えた?その理由は・・・

2000年代前半には最盛を誇った(売上的には2004年がピーク)オレンジレンジは多くの支持を得ていましたが、近年はあまりテレビに出てないという事実はあります。

ただ、まったくテレビに出てないという訳ではなく少数ですが出ています。

一部紹介しますが

・2019年2月ミュージックステーション
・2018年11月うたコン
・2017年ぱりぴTV
・2016年MUSIC FAIR

などの番組でテレビに出演しています。


「テレビによく出ている=売れている」という訳ではありませんが「オレンジレンジって消えたの?」と錯覚されるのにも理由があります。

方向性の違い

最近の記事で「オレンジレンジがテレビからライブにシフトした理由」について取材しているものがありました。

「上海ハニー」から17年、ORANGE RANGEがテレビからライブにシフトした理由(Yahoo!ニュース 特集)
『上海ハニー』や『花』といったヒットソングで、誰もがその名を知るところとなった沖縄の5人組バンド、ORANGE RANGE(オレンジレンジ)。以前のようにテレビや映画、CMなどで見聞きすることは少な

以前のようにテレビや映画、CMなどで見聞きすることは少なくなりましたが、現在もライブ中心に精力的に活動を続けている点について触れてますし更にバンドの方向性についても葛藤してる時期があったようです。

《一部抜粋》《肥大化する「ORANGE RANGE」、増え続ける「大人たち」の要求》

20代前半にして手に入れたケタ違いの人気――。

次々と新曲を作りながら大都市ツアーもこなさなければならない。予算やスタッフの数、寄せられる期待、映画やドラマ、CMなどのタイアップ、気づけばORANGE RANGEに関わるすべてが大きくなりすぎていた。

好きなことを自由にやる、そんな姿勢にも変化を求められた。

「タイアップだと、もちろん『こういう曲を作って』と言われます。作品に合わせて『泣ける曲を作って』と言われることもある。もちろんそういった要望も聞きつつ、でも自分たちのやりたいことも通さないといけない。『花』とかは、そういう感じで学びながら生まれた曲です」(RYO)

ひとつひとつのことに向き合いつつも、楽曲作りだけではなく、バンド方針すらも5人だけですべてを決めることは難しくなっていた。

「当時『もっとグローバルに発信したい』と思っていました。そのためにYouTubeで楽曲を公開したかったんですが、今のような時代ではなかったのでなかなか難しかったですね」(YAMATO)

こういった経緯があり2010年に自主レーベルを立ち上げ大手レコード会社から離れました。

まとめ

今回は「オレンジレンジはなぜ消えた?新しい道を選んだ理由」について解説しました。

皆さんは「メジャーレーベルからインディーズに戻った」・「テレビなどのメディア露出が減った」と聞くとどんなイメージがありますか?

変顔の男性

売れなくなったからクビになったんでしょ

みたいにネガティブに捉える人もいるのではないでしょうか?

確かにそんなケースもありますし要因の一つにもなりえますがオレンジレンジの場合は自主レーベルを立ち上げてからの方がライブの回数が増えてますし海外にも積極的に進出しています。

「喜んでもらえるものこそが正義」と考えている彼らにとっては素敵な選択だったと思います☻

コメント

  1. […] オレンジレンジはなぜ消えた?新しい道を選んだ理由を解説2021年7月11日、… […]

タイトルとURLをコピーしました