サカナクションって気持ち悪い?苦手と言われる3つの理由を解説

サカナクション

2017年にデビュー10周年を迎えたサカナクション。

結果的に中止となってしまいましたがROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル) 2021に出演したり2021年の12月からは2年ぶりの全国ツアーを開催予定と精力的に活動しています。

そんな彼らですが

でもサカナクションって何か気持ち悪くない?

サカナクションの音楽は何か苦手・・。

という声を聞きました。

そう感じる人がいるのはしかたないかな・・

と思いますが

今回は「なぜサカナクションが気持ち悪いと言われるのか?苦手と言われる3つの理由」について解説していきます。

サカナクションって気持ち悪い?

サカナクションは山口一郎を中心に2005年に結成された男女5人組ロックバンドです。

バンド名は「魚」と「アクション」の単語を組み合わせた造語で山口さんはインタビューの中で、ひねくれたこと・いい意味でふざけたことをやりたく、バンド名にはあまり用いられない「サカナ」をいれ、変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて「サカナのアクションでサカナクション」にしたと語っています。

その変化を恐れない姿勢・幅広い音楽性から、サカナクションの音楽を気持ち悪い(苦手)と感じる人もいるようですね

具体的にどういった所が苦手と思われているのでしょうか?

理由①:独自な音楽性

サカナクションは、オルタナティブ、インディー、ニュー・ウェイブ、ダンス、エレクトロニカ、J-POPなど様々なジャンルで楽曲を生み出してきました。

楽曲のタイトルについても、『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』(2011)、「多分、風。」(2016)など、他のアーティストではなかなか見ない特徴的なものが多いです。

ですから「サカナクションといったらコレだ!」と言えるような説明って出来ないんですよね。

テンション上がってる女性

サカナクションは独特の世界観!
耳あたりが良くて、煩わしさの無い曲がお気に入り♪

私はミーハー気質で今でも宝島を口ずさんでますが、

サカナクションの独特な世界観は
椎名林檎とどこか似ている雰囲気があるような気がします☻

理由②:中性的な声

サカナクションやAPOGEEやフジファブリックみたいな系統の声って前は苦手だなって思ってた。
けど最近聞けるようになったし好きな曲も増えた。

苦手なものは苦手なままで別にいいと思ってたけど、好きなものが増えていくのは良いことかな。

ボーカルである山口さんの声質は、確かな存在感がありながらもどこか儚げさがある透き通った声をしています。

とはいえ大衆受けする声・音楽かといったら違うと思いますね。
ハイトーンボイスでもバリトンボイスでもハスキーボイスでもない。
でも味がある。
そんな感じの声質ですので「声が苦手」っていう意見もあるかもしれませんね。

理由③:エレクトリックな楽曲

近年ではEDMを取り入れるアーティストが増えてきました。

EDMとは「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の略で直訳すると「電子の・踊る・音楽」となります。つまり、シンセサイザーなどを使って生み出す音=”電子音“の音楽ジャンルとなります。

このEDMとロックが融合した音楽が日本でもポピュラーになってきましたが、サカナクションはそれ以前からEDMを取り入れた楽曲を展開していたため、抵抗を感じる人が多かったかもしれませんね。

まとめ


今回は「なぜサカナクションが気持ち悪いと言われるのか?苦手と言われる3つの理由」について解説していきます。

変化を恐れず、常に新しい音楽を世に送り出してきたサカナクション。

楽曲の多様性だけでなく楽曲タイトルやライブパフォーマンスにおいてそれまでの常識を打ち破るような新たな風を吹き込んできました。

元々大衆受けするジャンルではないと思いますが、それ故に受け入れられず気持ち悪いと思われたり理解されづらかったのでしょうか?

12月からは全国ツアーも始まりますし今度はどんな景色を私たちに見せてくれるのか楽しみですね☻

サカナクションって性格悪いの?噂の真相を解説
12月からはおよそ2年ぶりの全国ツアーが予定されているロックバンド、サカナクション。 その独特な音楽性で日本のロックシーンに新たな風を吹き込んでいる彼らですが、一部ではメンバーの性格が悪いのではないかという噂がありました。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました